【iOS9】Wi-Fiが頻繁に切れる!iOS9の「Wi-Fiアシスト」は切った方がいい

久々に記事書きますね。
その手のメディアっぽいタイトル付けましたが
半分は愚痴です。

まず、様々なアップデートがあったiOS9ですが
その中でもアップル様が
低速なWi-Fiは勝手に切ってくださる機能。

「Wi-Fiアシスト」

無事、iPhone6sを手に入れている僕は
何も知らずに、その機能はONになっていた訳ですが
問題は、一緒に手に入れたiPad mini4で発生してました。

まず、iPhoneとiPadを持っている人は大体の場合
動画とかは、iPadで見ていると思います。
僕の場合は、ニコニコ動画と映画はiPadでゴロゴロして見てます。

ニコ動の場合は、もちろんネットに繋がった状態な訳ですが…

10分毎くらいに、Wi-Fi自体がオフになる!

Wi-Fi繋がってるのに、ネット出来ないとかじゃないんですよね。
もう設定のWi-Fi自体がオフになって再接続も行わない状態に。

そして、色々調べた結果

今回のタイトルの「Wi-Fiアシスト」により
オフにされていると断定出来ました。

もちろん、元々は低速なWi-Fiを切る機能ですが
通信が圧迫されている状態を、低速と判断してしまう

ように思えます。

検証はし切れていないですが
Safariで色々見ていたり、TwitterやFacebookは問題なく
もれなく、何かしらのアプリで動画を見ていたり
W-Fi経由でデータ移動を行っている時にオフになってます。

動画であれば、再生時間10分頃にはプリロードされていた箇所まで到達するので
大体、5分くらい続くとオフにされるのかな。
時間は関係ないかもしれないですが。

写真 2015-09-28 10 42 55

設定画面。

ちなみに、これは「モバイルデータ通信」の項目に組み込まれてますが
モバイルデータ通信をオフにしてもここはオンのままです。
これが、キャリア版のiPadだと致命的だった。
基本モバイルデータ通信はオフにしているからオフラインに。

Apple「4Gオフやけど、Wi-Fi低速やから全部切ってオフラインにするわw」

また、iPadでのケースを例題にしていますが
この現象はiPhone6sでも確認しています。
通信量の多いデータには注意しないとです。

通信量の多いデータがやり取り出来る状態の
アクティブな回線なのに、Apple様の判断により切断されます。

項目自体、一番下で知っていないとこの項目は気付きにくいと思います。

ということで、Wi-Fiをブチ切られて困った話でした。

【追記有り】Post Types Orderの日本語ファイル作ったけど反映方法分からない。

タイトルのとおりです。

分からないので、Post Types Orderのサポートに
よろしければプラグインの翻訳ファイルに入れてくれと
メールをしてみた。
伝わってるといいなー。

Taxonomy Tearms Orderは日本語化されていたので
共通する箇所は同様の文章を入れています。

[※追記 2014/06/10]

少し前に、無事プラグイン作成者の方にカタコトの英語でも
反映して欲しいという事が伝わったらしく、次のアップデートで
日本語ファイルを含めてくれるとかなんとか。

やったね。

 

民主主義なスパムブロックを。

お久しぶりです。ブログでは。
書こうかなと思った事が有っても
仕事が終わり帰宅するとネタどころか
書こうと思っていた事実ごと忘れています。

さて、ふと誰かがスパブロ(スパムブロック)をしたというツイートを見かけて、そういえばスパムブロックも多くされると凍結されることもあったっけな、と思い出しまして、じゃあ多くの人が望むのであれば、そうなるべきだなと。

思ったならプラットフォームを作るべきだと。

ということで、民主主義。

スパムブロックの要請に対して、多くの賛成意見が出たらそのアカウントに対して、サービスに登録して頂いてるアカウント全てでブロックをするという物を作ることにしました。

Democracy Blockerという名前でやります。
ドメインも用意しました。

完成まで待っててね。

それじゃ、また。

VPSをConoHaに移そうと思うっていうお話

どうも皆様。
三連休は開発をして有意義に過ごした僕です。

今回は、タイトルの通りのお話。

実は僕はメールサーバー構築が出来なくて
何度サーバーを立ててもメールサーバーだけ外部にしたり
一度、共有サーバーを通してVPSにDNSを飛ばしたり。
でもそれやってるとサーバーを2台契約しないといけなくて無駄だった。
でも出来ないものはしょうがないと、それで運用をしていた。

ちなみに、3年間くらい、何度も何度もメールサーバー構築はチャレンジしてた。

それでまぁ、たまに新しいサーバー業者が出てきては
無料期間で遊んだりもしてる。
ぶっちゃけどこも変わらないから、今のままで良いんだけど。

それで、ConoHa

萌え文化に媚びた(言い方悪いけど)サーバー業者。
だが、萌えに走るあたりはまぁGMOっぽいっちゃぽいから良いとして。

今使ってるのがお名前.com KVMプラン

スペックはほぼ変わらないし値段も変わらない。
だが、ConoHaはローカルネットワークの構築が出来たり
IPv6対応、IPアドレス追加可能など
お名前.com KVMよりも優れている部分は少なからず有る。

コントロールパネルは、そこまで変わらない。
同じGMOグループというのを考えれば不思議ではない。
ちなみにIPアドレスもかなり近く、グループを匂わせる。

それで、結論から言うとConoHaでメールサーバーを構築出来たのだ。
やり方がわかったので、別に他のサーバーでも出来ると思うのだが
今のサーバーは、若干壊れつつある(PHPが3つインストールされてたり)ので
(壊しているのは自分だが)
良い機会だし乗り換えようと思っている。
ついでにDropboxを入れる為だけに入れたXも入れずに
今度はコマンドラインのDropboxを入れてみたいと思う。

ちなみに、メールサーバー構築にあたってポートの関係で
既にお金は払った。

と、いうことでそのうち、サーバー移転をします。
1月中にできたらいいな、という程度。

メールサーバー構築とかはまた別の機会に書きます。

それでは、また。

【2014年】謹賀新年 / Hacking New Year 2014

皆様、あけましておめでとうございます。

新年早々、というか毎年やろうと思ってたけど
やってなかっただけなのですが
0時にTwitter APIを悪用した投稿をしました。


うーん、恐らく規約違反です。
けど僕もホワイトハッカーではないので
悪い事を思いついたら、人を困らせて楽しみます。

今回の件で、この記事に来た方が居ましたら
それはもう、てへぺろとしか言いようが無いです。

何かお困りでしたら直接Twitterにてお申し付け下さい。

ではでは。

Twitterでプロフィールを毎分更新する

こんにちは、はじめて技術的なことを書きますね。

Twitterで、プロフィール画面に時刻を表示している人が居たので
APIで、プロフィール更新について少し調べました。

プロフィールの更新には
POST account/update_profileを使います。

Resource URL
https://api.twitter.com/1.1/account/update_profile.json

POSTを投げる先は上記。

各自、各言語で各ライブラリを使ってね。
では、PHP+Abrahamの例で書きます。
実際に、今僕のプロフィール更新に使っているコードそのままです。

11行目で、プロフィール文章を作っています。

<?php
require_once("lib/twitteroauth.php");
$consumerKey = 'こんしゅ〜ま〜き〜';
$consumerSecret = 'こんしゅ〜ま〜き〜せくれった(アプリの秘訣←分かる人いるか?)';
$accessToken = '00000000-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX';
$accessTokenSecret ='XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX';

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey, $consumerSecret, $accessToken, $accessTokenSecret);
$datetime = date("Y年m月d日H時i分");
$timehash = hash("crc32", date("U"));
$description = "〜ゆとりエンジニア〜 / LAMPer(CentOS,Apache,MySQL,PHP+Python)+Mongo,Node / H&K,Kawasaki りあるたいむ→date(" . $datetime . ")+hash(" . $timehash . ")";

$req = $twObj->OAuthRequest('https://api.twitter.com/1.1/account/update_profile.json', 'POST', array('description' => $description));

// ここから下はリクエスト成功の判定にでも使ってね。
$tweets = json_decode($req);
print_r($tweets);

これで、開いたらその時間をプロフィールに入れて
更新がされるようになりましたので
これをサーバーサイドから定期更新を行うようにしてみてね。
Cronで * * * * * しろってことよ。毎分更新。